お気軽にご相談ください!

お電話でのお問合わせ

0120-980-845

メールでのお問合わせ

サポート内容 事業理念

お一人お一人の
想いを大切に
明るい終活をサポートし、
希望の持てる社会を目指す

人生を一生懸命に過ごしてこられればエンディングライフは理想の生活にしたいという気持ち、築き守ってきた財産をいつかやってくるエンディングに向けて、ご家族やご友人などそれぞれ大切な方々に託す想いは誰しもが持っておられます。 それら整理整頓しておきたい心のつかえを安心に変えられたら、誰かが背中を押してくれるなら頑張れる‼ 準備を整え後半のライフスタイルを思う存分楽しみたい‼こんな思いもおありだと思います。エンディングプランは心の断捨離でもあると考え、その整理整頓をお手伝いしていきます。お一人お一人のお気持ちに寄り添った個人プラン。お元気な今だからこそ明るいエンディングをサポートさせて頂きたいのです。

プランナープロフィール

プロフィール写真

エンディングライフプランナー

山口 悦子Etsuko YAMAGUCHI

信託銀行での金融資産運用・不動産売買・相続対策などの相談業務、経理事務などに従事。突然の知人の不幸をきっかけに、終活の大切さを知り、エンディングライフプランナーとして活動を始める。

保有資格

  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 終活日記帳協会®理事
  • 終活協議会 心託コンシェルジュ
  • 相続診断士
  • フラワーコーディネーター

きっかけのストーリー

きっかけは、ある方とのお別れでした。もともと知り合いのその方に,母が大家である戸建てをお貸ししていました。その方はお身内との縁を絶たれていらしたので、いろいろな生活の相談を受けていました。病気になって病院の保証人を頼まれ、ドクターからの病状説明も私が聞きました。 入院した時には病気はずいぶん進行していたのです。 離れてしまったご家族との経緯、病気と闘う気持ち、自分がいなくなった後の事。 たくさんお話ししました。頑張り屋さんで最後まで自分で身の回りの物を整理し準備しておこうと強気でいらしたのですが、病気は体を自由にしてはくれませんでした。

病院イメージ1
病院イメージ2

でも私は、そんな生きようと頑張っているその方に亡くなる準備を任せてほしいと言い出すことは出来ませんでした。 いよいよご自分の状態を悟り私にすべてを任せると言った時、既に時間はなかったのです。「その時」は思っているよりも早くやってきました。
結局準備は何もできなかったために血縁ではない私には何が出来て何が出来ないか、 右往左往するばかりでした。幸い直前にお会いした民生委員さん、ケアマネージャーさんが 様々お世話してくださり、市役所の方、介護用品業者の方、ご近所の方に支えられてすべてを整理する事が出来ましたが、ご本人の想いであるお墓を作ることは出来ませんでした。お経をあげてもらうことも出来ませんでした。

今でも時々、あれで良かったのか・・・と思うことがあります。 良いきっかけがあれば逝く人も残された人も思い残すことなく前へ進めると思うのです。
歳を重ねれば心配な事も色々と出てきます。それらを元気なうちに準備する事で安心して毎日を楽しく過ごせる。そんな明るいエンディングライフを迎えていただきたいのです。

空イメージ